ANAとビットワレット、マイル2倍サービス


-->
ANAの「ANAマイレージクラブ」会員は、電子マネーEdy付きマイレージカードの利用で、通常の2倍の200円あたり2マイルたまるサービス「Edyマイルプラス」を、6月1日から空港の売店やレンタカーの営業所でも対応している。
「Edyマイルプラス」は、am/pm1138店舗で展開され、羽田、成田など全国35空港にあるANAの売店「ANA FESTA」や、ニッポンレンタカーの全国635営業所、東京メトロ日本橋駅直通の複合商業施設「コレド日本橋」28テナントでマイル2倍サービスの利用ができる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080602-00000020-nkbp_tren-ind
クニルプスの折りたたみ傘
委任状書き方
カラビナ
タグ:ANA edy マイル 2倍

am/pmがEdyマイルプラスでマイル2倍サービス


-->
ANAマイレージクラブEdy機能付きカードEdyでam/pmで商品購入すると、通常200円で1マイルのところ200円で2マイルが付与されます。
5月1日からam/pmの全国の店舗で実施されています。

ANAは、期間限定や店舗限定でマイル2倍キャンペーンを実施していましたが、AMC会員への提携サービスとして全国組織との提携を始めて行い、今後も提携を拡大する予定。

AMC会員の陸マイラーのEdy離れ対策なのでしょうか。焼け石に水ですが少しでもマイルがたまるなら・・

理系文系日記

ANAビジネスで500マイルキャンペーン


-->
2008年4月1日(火)から2008年6月30日(月)の搭乗分までの期間中に、キャンペーン参加登録し、ANA国内線対象路線に対象運賃で搭乗すると、ANAマイレージクラブへマイルを積算すると、1搭乗毎に500マイルのボーナスマイルがプレゼントされます。
対象者はANAマイレージクラブ日本地区会員です。

ANA国内線対象路線は、東京(羽田)−大阪(伊丹・関西)、東京(羽田)−神戸、東京(羽田)−岡山、東京(羽田)−広島、
東京(羽田)−山口宇部、名古屋(中部)−福岡、大阪(伊丹・関西)−福岡ですが、成田−伊丹線は対象外となります。

対象運賃は、ビジネスきっぷ、片道運賃、小児運賃、シャトル往復運賃、往復運賃、ビジネス特割、特割1、乗継特割、身体障害者割引、介護割引、シニア65割引、株主優待割引運賃、プレミアム運賃、プレミアム小児運賃、プレミアム特割1、プレミアム特割、プレミアム株主優待割引運賃、プレミアム株主優待割引小児運賃、プレミアム身体障害者割引運賃、プレミアムパス、ビジネスリピートです。
※すでに購入・発券しているリピート4回での搭乗もキャンペーン対象となります。

ボーナスマイルはANAマイレージクラブのマイル口座に積算されます。提携他社のマイレージプログラムにフライトマイルを積算する場合、本キャンペーンの対象外となりますので注意してください。

モバイルSuicaでギフトカードがライフカードから


-->
モバイルSuicaの支払いにライフカードを利用すると大変お得なキャンペーンが2008年3月1日からスタートしています。
キャンペーン期間中にモバイルSuicaの支払いにライフカードを登録し、「チャージ(入金)」、「定期券購入」、「Suicaグリーン券の購入」の利用料金が合計5,000円以上の方が対象に、抽選で100名にJCBギフトカード5,000円分プレゼントされます。
賞品はライフカードに登録の自宅住所に2008年6月下旬に発送いたします。
モバイルSuicaアプリを起動し、会員登録画面から名前、電話番号、ライフカード番号などの情報を登録します。
モバイルSuica会員は、年会費1,000円がかかりますが、2008年3月31日までご入会されますと、初年度の年会費は無料になります。


「Edy」での支払いの中止コンビニ払込票(収納代行)決定


-->
コンビニエンスストアでの払込票(収納代行)を用いた「Edy」での支払いの中止についての重要なお知らせが届いています。
ANAマイルがどんどん遠くなっていきます。
2008年4月1日より順次、コンビニエンスストアでの払込票(収納代行)を用いた「Edy」での支払いが中止されるメールが届いていますね。
ファミリーマートとam/pmの2社が4月1日からEdyでの収納代行ができなくなるます。
サークルKサンクスとポプラは調整中で、いずれできなくなるようですが、自動車税の支払い時期まで延びればいいのですがね。
4月から5月にかけては自動車税などの税金の支払いが重なる時期で、Edy収納代行が使えなくなるのはかなりイタイ改悪ですが、Edyも利用される金額が一度に減ってしまいますね。
マイルなどが付かないのはかなりへこみますが、クレジットカード会社やEdyもちょっとは痛手をこうむるのでしょうかね。




Gポイントを使った最強の裏技でANAマイル3重取り


-->
最強の裏技『トリプルポイントの技』とは??

Gポイント経由で、楽天で買い物をすると、Gポイントがもらえ、楽天のポイントももらえるんですね。
そして支払いをANAカードからの引き落としにすると、ポイントが3倍つくんです。名づけて『トリプルポイントの技』です!

トリプルポイント
どういうことかと言いますと、

まず、Gポイントを経由して楽天で買い物をすると、Gポイントがたまります。
GポイントはANAマイルに変えられるので、

 (1)Gポイント→ANAマイル

楽天で買い物をしているので楽天ポイントがもらえます。
楽天ポイントはANAマイルに変えることができるので、

 (2)楽天ポイント→ANAマイル

支払いはANAカードから引き落としになるので、
自動的に

 (3)ANAカードでの支払い→ANAマイル

そうなんですよ。
Gポイントから楽天に行ってANAカードで買い物をすると

 (1)Gポイント→ANAマイル
 (2)楽天ポイント→ANAマイル
 (3)ANAカードでの支払い→ANAマイル

の3箇所からマイルをためられるということですね。
買った商品は1つなのに、ポイントは3倍から
これぞトリプルポイント! これはすごい!!

GポイントをANAマイルに変えるタイミングは、交換レートが上がる「レートアップキャンペーン」の最中にするとかで効率の良い交換をするのも大切ですね。




ANAマイレージ付加率が5倍のキャンペーン


-->
三井住友カードiD」の利用でワールドプレゼントのポイントが2倍貯まります。
2007年10月15日から2008年2月20日まで

加盟店によっては、5倍のポイントが貯まります。
2007年10月15日から2007年12月17日まで

ANAのマイレージに交換すると
三井住友カードは100円=1マイル換算なので、5倍の加盟店の場合、100円=5マイルです。(1000円単位でポイントが付きます)

対象は三井住友カードiD会員の方で、期間中に「三井住友カードiD」に入会された方も含みます。

ポイント5倍対象加盟店

コンビニ:ampm,ファミリーマート,ローソン、他
p_7020623_01.gif

ショッピング:大阪空港、カレッタ汐留、神戸空港、新宿サブナード、新札幌デュオプラザ、デックス東京ビーチ、なんばウォーク、ららぽーと、他
p_7020623_04.gif

書籍:いまじん、紀伊国屋、他。
p_7020623_05.gif

ワールドプレゼントのポイント交換レート・参加料(移行手数料)
100ポイント以上100ポイント単位で移行できますが、ワールドプレゼント2007の景品交換期間中<2007年4月16日〜2008年3月31日>に移行できる総ポイント数の上限は4,000ポイント(=40,000マイル)となります。
移行については別途参加料6,300円(含む消費税等・ワールドプレゼント2007景品交換期間中<2007年4月16日〜2008年3月31日>有効)が必要です。


銀行カードにマイル機能、みずほ銀と全日空が発行


-->
みずほ銀行と全日本空輸ANAは、みずほのキャッシュカードとANA全日空のマイレージカードを一体化した新型カードを発行する。マイレージカードに大手銀の口座番号が付く一体型カードの発行は国内初となる。銀行の口座利用などでたまったポイントとマイレージの交換比率も優遇される。10月中にも受け付けが開始され、利便性を高めたカードの発行で顧客の囲い込みを強化するようだ。

 新型カードは「みずほマイレージクラブカード/ANA」。銀行のキャッシュ機能、クレジット機能など通常の銀行カードに、全日空のマイレージクラブや電子マネー「Edy(エディ)」など、全日空のマイレージカードの機能が搭載されている。(NIKKEI NETより)
ANAのマイルへの交換比率が気になるところですね。
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT1D16073%2016102007


ANAプレミアムメンバーへの新基準


-->
ANAの上級会員資格取得2008年度から変更されますね。

新基準プレミアムポイントを導入し搭乗回数による資格達成を廃止

現在ANAの上級会員の算定には区間マイレージ+αのプラチナポイント(PP)と搭乗回数によって上級会員の資格が得られますが、2008年1月より制度が変更になり新しく導入されるプレミアムポイントのみで、距離の部分しか算定基準に入れないことになりますね。

ANAプレミアムメンバーの到達基準
種別現状 /th>新基準(2008年1月から)スターアライアンスステイタス
ダイヤモンド10万PPまたは120以上/td>10万PPかつ
ANAグループ便5万P以上/td>
ゴールド
プラチナ5万PP以上または
50回以上で1.5万PP以上/td>
5万PP以上/td>
ブロンズ3万PP以上または
30回以上で1万PP以上/td>
3万PP以上/td>シルバー
スーパーフライヤーズカードダイアモンド・プラチナ保有時に申込み可能ゴールド

スーパーフライヤーズカード会員は、「 スター アライアンス・ゴールド」メンバーとしてのサービス

新しく導入されるプレミアムポイントとは
「プレミアムポイント」=「区間マイル」x「クラス・運賃倍率」x「路線倍率」+「搭乗ポイント」

「クラス・運賃倍率」に関しては記述は無し

「路線倍率」は
日本国内線 2倍、国際線(中国)1.5倍、国際線(その他)1倍

搭乗ポイントとは


国内線400ポイント片道・往復・スーパープレミアム・特割1・特割7・シニア割・株主優待等/td>
0ポイント旅割・超割・個人包括旅行割引等/td>
国際線400ポイントファースト・ビジネス・エコノミー・(IATAPEX・エコ割プレミアム・エコ割スタンダード
0ポイント上記以外のエコ割、個人包括等/td>

搭乗ポイントは、運賃によって貰える場合と貰えない場合がありますよ。
回数的にはほぼ現状と同じですが、超割・旅割が400(プレミアムポイント)加算対象外となりますので、今まで超割・旅割で搭乗していた人にとっては敷居が高くなりますね。

2008年1月から国内距離派がプラチナ達成にはどれだけ搭乗?
東阪往復の場合
(回数券、シャトル往復運賃利用)
280mile×1.00×2+400=960プレミアムポイント
50000プレミアムポイント到達には、53回搭乗が必要
(特割運賃利用)
280mile×0.75×2+400=820プレミアムポイント
50000プレミアムポイント到達には、61回搭乗が必要

東京〜沖縄往復の場合
(特割7や株主優待など利用)
984mile×0.75×2+400=1876プレミアムポイント
50000プレミアムポイント到達には、27回搭乗が必要
(旅割や超割など利用)
984mile×0.75×2+0=1476プレミアムポイント
50000プレミアムポイント到達には、34回搭乗が必要
運賃的には搭乗ポイント400を獲得するより、運賃の安い旅割や超割、特割が少し少ない予算で資格達成できそうですね。
八丈島とか大島をぐるぐるしてANAの上級会員になるのは絶望的ですね。

詳細:新基準プレミアムポイントを導入



ANAマイレージクラブサービスリニューアル国際線 


-->
ANAマイレージクラブサービスを大幅にリニューアルされますね。 

ANA国際線も区間距離・シーズンに応じた特典航空券の設定になります。
国際線も区間距離・シーズンに応じて必要マイレージが変わる様に変更になります。
今迄バラツキがある提携航空会社のマイレージ特典も距離制の一律に変更になりますね。

国際線特典必要マイレージ数 (マイル)
全旅程の距離エコノミークラスビジネスクラスファーストクラス
(区間基本マイレージの合計数)LRHLRHLRH
0〜60011000120001500020000250003000040000
601〜1,60012000150001800025000300003500050000
1,601〜2,00014000180002100030000350004000055000
2,001〜4,00017000200002300035000400004500060000
4,001〜7,00030000350004000055000600006500080000
7,001〜9,00035000400004500060000650007000090000
9,001〜11,000400005000060000700008000090000110000
11,001〜14,000450005500065000750008500095000120000
14,001〜18,00050000600007000090000100000110000140000
18,001〜20,000600007000080000100000110000120000160000
20,001〜22,000700008000090000110000120000130000180000
22,001〜25,0008500095000105000130000140000150000200000
25,001〜29,00090000110000130000140000160000180000230000
29,001〜34,000110000130000150000170000190000210000270000


国際線もシーズンによって必要マイル数が変わりますね。
エコノミークラスは、各々レギュラーシーズンの時期は現在の必要マイレージ数と変わりませんね。
ハイシーズンの年末年始・ゴールデンウィーク・夏休みに時期は、特典航空券の取れる可能性は限りなく0に近いんではないでしょうか。
国際線特典必要マイレージ数はANAWEBで

600〜1600マイル区間 L12000 R15000 H18000
東京−ソウル
大阪−ソウル
名古屋−ソウル

1601〜2000マイル区間 L14000 R18000 H21000
東京−瀋陽
大阪−瀋陽 大連 上海 青島 杭州
名古屋−上海

2001〜4000マイル区間 L17000 R20000 H23000
東京−大連 上海 青島 杭州 北京 台北 厦門 香港 広州
大阪−北京 台北 厦門 香港 グアム
名古屋−天津 台北 広州

4001〜7000マイル区間 L30000 R35000 H40000
東京−ホーチミンシティ バンコク シンガポール

7001〜9000マイル区間 L35000 R40000 H45000
東京−ホノルル ムンバイ

9001〜11000マイル区間 L40000 R50000 H60000
東京−サンフランシスコ ロサンゼルス

11001〜14000マイル区間 L45000 R55000 H65000
東京−シカゴ ニューヨーク ワシントン フランクフルト ロンドン パリ


提携航空会社特典航空券必要マイレージ数 (マイル)
全旅程の距離エコノミークラスビジネスクラスファーストクラス
(区間基本マイレージの合計数)
0〜600140002800045000
601〜1,600170003300055000
1,601〜2,000200003800060000
2,001〜4,000220004300070000
4,001〜7,000380006300090000
7,001〜9,0004300068000100000
9,001〜11,0005500085000120000
11,001〜14,0006000090000140000

提携航空会社編ではシーズンによる必要マイル数の変動は無いですね。
距離制になってしまったので改悪されている所もありますが、改善になったりする航空会社もありますね。
提携航空会社特典航空券必要マイレージ数の詳細


ANAマイレージクラブサービスリニューアル


-->
ANAマイレージクラブが新しくなります
ANAでは、「ANAマイレージクラブ」を2008年4月1日(火)より、リニューアルされますね。
10年目を迎え、マイレージ・サービスを取り巻く環境の変化とともに、お客様満足度の向上を目指すため、「距離・時間・価値を楽しむ」、という3つの視点から、従来のプログラム内容を改訂されますよ。

主な内容は
◎ マイルの有効期限が36カ月先まで延長
◎ 区間距離・シーズンに応じた特典航空券の設定
◎ ANAプレミアムメンバーへの新基準導入など

マイルの有効期限が36カ月先まで延長
4月1日より現在獲得した翌々年迄の有効期限が36ヶ月に変更になります。

区間距離・シーズンに応じた特典航空券の設定
2008年4月よりシーズン制に変更。

ANA国内線特典必要マイレージ数
全旅程の距離普通席
(区間基本マイレージの合計数)LRH
0〜600110001200015000
601〜1,600120001500018000
1,601〜2,000140001800021000
2,001〜4,000170002000023000










国内線(全路線)シーズン一覧2008年
ローシーズン(L)4/1〜4/24 12/1〜12/25 2009年1/5〜2/10
レギュラーシーズン(R)5/6〜8/7 8/18〜11/30 2009年2/11〜3/19
ハイシーズン(H)4/25〜5/5 8/8〜8/17 12/26〜2009年1/4 3/20〜3/31



詳しくはANA国内線特典必要マイレージ数





ANA5000マイルが当る!Edyキャンペーン


-->
Edy「シャリ〜ンで行こう!!」キャンペーン
キャンペーン登録し、Edyを利用またはチャージでプレゼントが抽選でもらえる!

ANAマイレージ5000マイルやANA旅行券30000円が当るかも!!!

キャンペーン期間 2007年9月1日(土)〜2007年10月31日(水)

第1回対象期間: 2007年9月1日(土)〜2007年9月30日(日)
第2回対象期間: 2007年10月1日(月)〜2007年10月31日(水)

キャンペーン登録された月のEdy利用額・Edyチャージ額を自動算出し、その対象者の中から抽選が行われます。

キャンペーン商品
Edy1,000円分以上の利用で
キャンペーン登録時にどちらかのコースを選択する必要があります。

Aコース 新型PSP「プレイステーション・ポータブル」 毎月300名 計600名
Bコース ANA 5,000マイル 毎月300名 計600名

Edyに3,000円分以上のチャージで
ANA旅行券30,000円分 毎月100名 計200名

当選された場合は、キャンペーン対象期間の翌月中旬頃、登録したメールアドレス宛に当選通知メールが送られます。

注意事項
2007年9月30日までにキャンペーン登録すれば、9月1日〜30日までの利用およびチャージが抽選対象。
キャンペーン登録が10月の場合は、10月1日〜31日までの利用およびチャージが対象。

利用額およびチャージ額は、翌月に繰り越せません。

Edyが使えるすべての加盟店・サイトでの利用が対象
利用額は、月内であれば、数回に分けても累計1,000円以上で抽選対象

すべての方法でのチャージが対象
チャージ額は、月内あれば、数回に分けても累計3,000円以上で抽選対象

参加登録は、一人につき1度とし、9月に参加登録すると、10月は自動的に登録

キャンペーン登録、詳細はEdyホームページで

ポプラグループEdyダブルマイルキャンペーン


-->
2007年8月14日(火)〜2007年9月13日(木)の期間中、キャンペーン対象店舗にてEdyで買い物をすると、通常の2倍マイルが貯まります
(通常200円=1マイルのところ、200円=2マイル)

対象Edyカード
ANAマイレージクラブEdyカード
Edy機能付きANAカード(クレジットカード)

対象店舗
・ポプラ
・生活彩家
・くらしハウス
・スリーエイト

キャンペーン情報へ



Edyはじめてチャージキャンペーンで50マイル


-->
EdyチャージでANAマイル50マイルがもらえるキャンペーンが始まっています。

キャンペーン期間
2007年7月20日〜2007年9月30日(チャージ分)まで

参加登録期間中にANAホームページからキャンペーン参加登録をし、ANAマイレージクラブEdyカード、Edy機能搭載ANAカードまたはおサイフケータイに、初めてEdy3,000円 以上チャージ(入金)すると、50マイル積算されます。

<キャンペーンの対象とならない条件>
・ キャンペーン参加登録がない場合
Edyチャージ額が3,000円に満たない場合
・ 「ANAマイレージクラブEdyカード」「Edy機能付ANAカード」「ケータイde Edyマイル」サービス登録済みの 「おサイフケータイ」以外でのEdyチャージ
※「キャンペーン期間中のチャージ額の合計」を対象とします。
例:期間中、Edy機能付ANAカード・おサイフケータイにそれぞれ1,500円ずつチャージをした場合、それぞれのチャージ額を合算し、3,000円とみなし、キャンペーンの対象となる。
※本キャンペーンはお1人様1口のみの対象となります。
例:6,000円をチャージされた場合でも1口とみなし、50マイルのみの積算となる。
※ボーナスマイルは2007年11月初旬に「<Edy>はじめてキャンペーン」として積算。
詳しくはhttps://www.ana.co.jp/mycamp/cpn_edy/main.html


Edyやまや夏ボーナスセールANAダブルマイルキャンペーン


-->
Edyダブルマイルキャンペーンが2007年8月31日まで実施されてますよ・・・

ANAマイルが2倍だよ・・・・・

酒のやまや全店で、ANAマイレージクラブEdyカード、Edy機能付きのANAカード、「ケータイ de Edyマイル」サービス登録済みおサイフケータイで、期間中にEdyで買い物をすると、ANAマイルが通常200円=1マイルのところ、200円=2マイルの2倍ANAマイルが貯まります。


やまやのホームページhttp://www.yamaya.jp/
やまや店舗は



Edyで北海道にてANAダブルマイルキャンペーン


-->
対象店舗にてEdyで支払うとダブルにANAマイルが貯まるキャンペーンが8月31日(金)まで実施されている。

ANAマイレージクラブEdyカード、Edy機能付きのANAカード、「ケータイ de Edyマイル」サービス登録済みおサイフケータイで、期間中にEdyを利用すると、通常200円=1マイルのところ、200円=2マイルとなる。

ダブルマイル実施店舗
・ホーマック(全店)
・ツルハドラッグ(全店)
・丸井今井 札幌本店
・炙屋、雪華亭(全店)
・世界の山ちゃん(北海道内4店舗)
・北海道、春花秋灯、海へ、ととと、甘太郎、La Pausa など コロワイド北海道全店
・プロント、カフェソラーレ(北海道内6店舗)
・新千歳空港内 Edy加盟店
・さっぽろ地下街
・大丸藤井セントラル
・スガイ・エンタテインメント(全店)
・東急ハンズ 札幌店

詳しくはEdyキャンペーン情報で



電子マネーEdyでANAマイルを貯める


-->
電子マネーEdyにチャージしてマイルを貯め、Edyを利用しANAマイルが貯める。
ANAマイレージクラブEdyカードEdy機能付ANAクレジットカード、おサイフケータイで、Edyでの支払い200円につきANAのマイル1マイルが貯まります。
利用後の2〜3週間後に利用対象分のマイルがまとめてANAマイレージクラブのマイル口座に自動積算される。事後登録はできない。
マイル積算対象外の商品などがあり、マイル積算対象外品とマイル積算対象のものと一緒に支払いされる場合でも、全ての支払い分が対象外となります。別々に支払わないとマイルが積算されないですよ。

マイル積算対象外
自動販売機、宅配便、テレホンカードなどのプリペイドカード類、チケット・航空券類(コンビニ支払い)、一部成人向けコンテンツ、車両代、クレジットカード代金、保険代金、公共料金(税金・年金など)、募金の支払や返品の際のEdy利用額などは対象外商品となります。

7月10日(火)より全国のファミリーマート全店で「Edy」の利用が可能になり、キャンペーンが行われ200円=2マイル(通常200円=1マイル)貯まります。
さらに、期間中累計3000円毎の買い物、チャージが1口となって自動応募で、ANA旅行券やEdy5000円分が抽選で当る!!

ファミリーマートのキャンペーンhttp://www.edy.jp/press/2007/20070625.html
「iD Edy はじまる。使って当てよう!キャンペーン」
キャンペーン期間  2007年7月10日(火)〜8月13日(月)
Edyコース
<応募方法>
Edyで、期間中累計3,000円(税込)毎のお買物、またはチャージを1口として自動的に応募
<賞品>
ANA旅行券50,000円分を抽選で100名様
Edy5,000円分を抽選で1,000名様
さらに、期間中「ANAマイレージクラブEdyカード」でお買物された方は、
もれなく200円=2マイル(通常200円=1マイル)貯まります。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。