ANAプレミアムメンバーへの新基準


-->
ANAの上級会員資格取得2008年度から変更されますね。

新基準プレミアムポイントを導入し搭乗回数による資格達成を廃止

現在ANAの上級会員の算定には区間マイレージ+αのプラチナポイント(PP)と搭乗回数によって上級会員の資格が得られますが、2008年1月より制度が変更になり新しく導入されるプレミアムポイントのみで、距離の部分しか算定基準に入れないことになりますね。

ANAプレミアムメンバーの到達基準
種別現状 /th>新基準(2008年1月から)スターアライアンスステイタス
ダイヤモンド10万PPまたは120以上/td>10万PPかつ
ANAグループ便5万P以上/td>
ゴールド
プラチナ5万PP以上または
50回以上で1.5万PP以上/td>
5万PP以上/td>
ブロンズ3万PP以上または
30回以上で1万PP以上/td>
3万PP以上/td>シルバー
スーパーフライヤーズカードダイアモンド・プラチナ保有時に申込み可能ゴールド

スーパーフライヤーズカード会員は、「 スター アライアンス・ゴールド」メンバーとしてのサービス

新しく導入されるプレミアムポイントとは
「プレミアムポイント」=「区間マイル」x「クラス・運賃倍率」x「路線倍率」+「搭乗ポイント」

「クラス・運賃倍率」に関しては記述は無し

「路線倍率」は
日本国内線 2倍、国際線(中国)1.5倍、国際線(その他)1倍

搭乗ポイントとは


国内線400ポイント片道・往復・スーパープレミアム・特割1・特割7・シニア割・株主優待等/td>
0ポイント旅割・超割・個人包括旅行割引等/td>
国際線400ポイントファースト・ビジネス・エコノミー・(IATAPEX・エコ割プレミアム・エコ割スタンダード
0ポイント上記以外のエコ割、個人包括等/td>

搭乗ポイントは、運賃によって貰える場合と貰えない場合がありますよ。
回数的にはほぼ現状と同じですが、超割・旅割が400(プレミアムポイント)加算対象外となりますので、今まで超割・旅割で搭乗していた人にとっては敷居が高くなりますね。

2008年1月から国内距離派がプラチナ達成にはどれだけ搭乗?
東阪往復の場合
(回数券、シャトル往復運賃利用)
280mile×1.00×2+400=960プレミアムポイント
50000プレミアムポイント到達には、53回搭乗が必要
(特割運賃利用)
280mile×0.75×2+400=820プレミアムポイント
50000プレミアムポイント到達には、61回搭乗が必要

東京〜沖縄往復の場合
(特割7や株主優待など利用)
984mile×0.75×2+400=1876プレミアムポイント
50000プレミアムポイント到達には、27回搭乗が必要
(旅割や超割など利用)
984mile×0.75×2+0=1476プレミアムポイント
50000プレミアムポイント到達には、34回搭乗が必要
運賃的には搭乗ポイント400を獲得するより、運賃の安い旅割や超割、特割が少し少ない予算で資格達成できそうですね。
八丈島とか大島をぐるぐるしてANAの上級会員になるのは絶望的ですね。

詳細:新基準プレミアムポイントを導入



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。