JALカード売却交渉、みずほ証券が助言


-->
JALカードの売却が進んできましたね。
マイレージや、搭乗ボーナスマイルに影響しないよう願うしかないですね。

日本航空は14日、ジャル(JAL)カード株式の売却交渉を助言・代理するフィナンシャル・アドバイザーにみずほ証券を選定。
三菱UFJフィナンシャル・グループやクレディセゾンなどが名乗りを上げる見通しで、年度内の合意を目指している。

 日航は10月以降、関心のある金融機関や投資家などから、買い取り金額や買い取り後の事業計画などの提案を聞きながら、売却先や売却株数などを決めるが、金額だけでなく、提携効果や既存の会員に支障が起きないことなどを条件に売却先をみずほ証券と協議する。
ニュース引用NIKKEI NET http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT2C14047%2014092007


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。